よくある質問

午前午後何時から受付できますか?医院までの行き方を教えてください。


午前は8時30分から12時00分(初診は11時30分まで)、午後は14時30分から18時(初診は17時30分まで)です。診療時間内にお入りください。またオンライン順番予約(再診のみ)は、午前9時~11時30分まで、午後15時~17時30分まで予約をお取りいただけます。
混雑時は受付を早目に終了することがありますので早目の来院をお勧めします。
医院への行き方は当院ホームページのアクセスのページをご参照ください

保険証が変わっていないのですが毎月提出しなければいけませんか?


国の決まりで、皆様がご加入の国民健康保険・社会保険では、保険証を月に一度確認しなければなりません。大変お手数ですがご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます。

クレジットカードは使えますか?


現時点では対応しておりません。

車椅子でもいけますか?


問題ございません。2階に診察室がありますがエレベーターがあり、バリアフリーとなっておりますので、車いすの方はそのまま診察室まで入室が可能です。

耳鼻科はどのような時に受診するべきですか?


もちろん耳、鼻、のどの病気が専門です。風邪などの症状でもお気軽にご相談ください。
さらに、めまい、いびき、他には喉頭がんなどの首の病気も耳鼻科の範囲です。

風邪をひいたら耳鼻科か内科(小児科)どちらがいいですか?


鼻水、喉痛、咳、首のリンパが腫れるなどの症状が主なら、耳鼻科がよいと思います。耳鼻科での吸引処置やネブライザー療法などお薬と併用するのが効果的です。
お腹が痛いなど、首より下の症状がメインなら内科がよいと思います。

CT・MRIは撮ってもらえますか?


近隣(徒歩2分程度)の医療機関を紹介いたします。

吸入だけで通院してもいいですか?


治療上吸入を継続するべき病気もありますので、医師の指示のもと通院して下さい。
吸入後症状が楽になる方も多いですので、ご希望の方はお申し出ください。

順番予約しないと診てもらえませんか?


予約なしで受診していただいても診察いたします。
しかし、順番予約をとっている方が優先となるので、少々お待たせしてしまうことがあります。

翌日以降の予約はとれますか?


順番をお取りできるのは当日のみとなっております。

待ち時間が長い時は外出してもよいですか?


もちろん可能です。外出される際は受付にお声かけください。また、WEBでご自身の順番をご確認いただくことができますので、診察に間に合うように余裕をもって戻っていただくようお願いいたします。駐車場でお待ちになる場合、ブザーでお呼びできます。

駐車場はありますか?


駐車場は敷地内に6台ございます。無料でご利用いただくことができます。
お車でお待ちの方はブザーでお知らせしますので車内でお待ちできます。

耳掃除だけで来てもいいのでしょうか?


もちろん構いません。むしろ耳掃除をしすぎて外耳炎を起こして受診される方も多いです。耳の皮膚は外へ外へと動いているので耳掃除はそれほど頻繁にしなくても構いません。ただ、耳垢が詰まっていると感じた時は耳鼻科を受診してください。


「病気に関するご質問」


花粉症の治療方法には何がありますか?


花粉症の治療は、飲み薬・点鼻薬の他に、手術治療、舌下免疫療法などがあります。毎年、症状が辛い方はお気軽にご相談下さい。

花粉シーズン、家で気をつけることは何がありますか?


花粉を家に持ち込まないようにしましょう。外から家に入る前に、洋服などについている花粉を払い落としましょう。また、できればナイロン地の服など花粉が付着しにくい衣服を着る方がよいでしょう。

 

中耳炎の治療中、お風呂に入っても大丈夫でしょうか?


入っていただいて問題ございません。耳に水が入っても基本的には問題ないのでご安心ください。しかし、お風呂にもぐってはいけません。耳に水が入らないようにしましょう。

中耳炎の治療中、プールは入ってもいいでしょうか?


基本的は入って構いませんが、熱の出る中耳炎であれば医師の許可が出るまで入らないようにして下さい。耳に水のたまる中耳炎であれば、鼻水の治療をしながら可能な場合もあります。鼓膜に穴があいている場合は入れないことがあります。

上咽頭擦過治療:EAT療法(Bスポット治療)は行いますか?


EAT療法は急性上咽頭炎、慢性上咽頭炎に行う治療で、この治療は前院長のライフワークで現院長にも踏襲され引き続き当院の治療の柱として行っています。最近トピックスな治療で耳鼻科の論文、学会などで発表されており、近年はじめている耳鼻科医もいます。当院では30年まえから行っています。30年前当時は、否定的な医師も多かったのですが、ここ数年見直され、否定してきた医師でさえ行っている現在です。啓蒙してきた甲斐がありました。

補聴器は保険適応されますか?


補聴器は保険適応外になります。
適切な検査を行い患者様に合ったものを選ぶ必要があります。お気軽にご相談下さい。
院長は日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医に登録しています。

補聴器のメリットはなんですか?


もちろん音が聞きやすくなることが最大のメリットです。音が聞き取りやすくなり、会話がさらに楽しめるようになりますよ!
また、聴力が下がっているのにもかかわらず補聴器をつけないと認知面を低下させると言われています。

子供が薬を嫌がります。どう飲ましたらいいですか?


錠剤のお薬が苦手なお子さんには、なるべく粉薬やシロップを処方します。
少し大きくなってきて、粉薬が苦手なお子さんは、薬を飲ませるために市販のゼリーと混ぜたり、挟んだりして飲ませると良いでしょう。薬によっては他のものと混ぜると苦くなったりするものもあります。ドライシロップは基本的に水に溶かすことでシロップになりますので、粉が苦手な場合には水分に溶かしてから飲ませてあげるのが良いでしょう。

他の病院でもお薬をもらっているのですが、一緒に飲んでも大丈夫ですか?


薬の種類によりますので、現在内服中のお薬はご来院時に教えてください。
お薬手帳をお持ちの方はそちらを見せてください。

保育園で1日3回薬が飲めないのですが・・?


できるだけ1日2回の処方で対応いたします。ただ、病気によって1日3回の内服の方が良い場合もありますので、その時は、朝、保育園より帰宅後すぐ、就寝前の3回としてもらって構いません。

薬は症状がなくなっても飲みきった方がよいですか?


基本的には飲みきってください。飲みきることを前提で処方していますので、途中でやめるとかえって症状が悪化する可能性のある病気もあるからです。ただ、症状がよくなったら辞めても良いとの指示があれば途中でやめて構いません。